大切な人へ贈る豚

📻2016.3.6 TOKYO FM「ゆうちょLetter for LINKS」

📝2020.3.2 CAMP「はたらく大人図鑑」

📝2021.1.22 慶應義塾大学商学部牛島利明研究会「いきかた図鑑No.7 髙橋希望さん」

🎤2021.6.26 KHB東日本放送「カミナリが行く!宮城グルメドライブ-有難豚のうた」

📝2021.7.19 ソトコト EARTH MALL 「未来を変えるプロジェクト」

📺2021.8.18 フジテレビ「フューチャーランナーズ  17の未来(8/18前編、8/25後編)」

🍽2021.10.21 代官山 晴れ豆食堂〜有難豚フェア開催中!10/21〜(要予約)

HOPEFUL PIG JAPAN 311

幸せな豚が食卓に笑顔を届けます。

私たちは、いつも3つの”ありがとう”を胸に美味しい豚肉づくりに励んでいます。
①自然と地域に“ありがとう”
②みんなとの繋がりに“ありがとう”
③命の営みに“ありがとう”

有難豚(ありがとん)の美味しさの秘密は、それぞれがのびのびと「豚らしく」育つことです。
日向ぼっこをしたり、泥遊びをしたり、走り回ったり、ときには人からブラッシングをしてもらったり…
毎日生き生きとした目をしています。

そんな有難豚のお肉は肉質が柔らかく、オレイン酸たっぷりで、旨味がぐっと凝縮されています。ぜひ大切な人と一緒にご賞味ください。

「有難豚」に込められた意味

お客さんに「いつもありがとん」と洒落まじりに母が言っていたことが始まりです。
しかし、あの日を境にその名前にもう一つの意味が加わりました。
それは、有ることが難しい、有り難い、という「在ることが当たり前ではないこと」への感謝の意味です。

2011年3月11日、東日本大震災で農場は被災し農場は全壊。多くの豚たちは津波に流されました。喪失感の中で、私たちは餌タンクの中で生き残ったわずかな豚を見つけました。中には人から助けてもらった豚もいました。あの日生き残った豚から繋がれた命が今日に続いています。

HPでは、人の優しさが繋いでくれた豚たちとその子孫、それに続く豚たち、人々の今を紹介していきます。

世界中で応援してくださった方への感謝を込めて、「いつもありがとん!」

Support of a pig surviving by the Great East Japan Earthquake.I’d like to tell “Thank you very much.”

동일본 대지진 재해에서 살아 남은 돼지의 지원.”고맙습니다.”라고 말씀 드리고 싶습니다.

由于东日本大震灾生存的猪的支援。我想告诉“非常感谢你”。

สนับสนุนหมูที่รอดชีวิตจากแผ่นดินไหว Great East Japan แผ่นดินไหวฉันอยากจะบอกว่า “ขอบคุณมาก ๆ ”

Apoio de um porco sobrevivente do grande terremoto do Leste do Japão.Eu gostaria de dizer “Muito obrigado.”

Apoyo de un cerdo que sobrevive por el gran terremoto del este de Japón.Me gustaría decir “Muchísimas gracias”.

Ondersteuning van een varken die door de Aardbeving van het Groot-Oosten in Japan overleeft.Ik zou graag willen zeggen “heel erg bedankt.”

Unterstützung eines Schweins, das durch das Erdbeben im Großen Osten Japans überlebt hat. Ich möchte sagen “Vielen Dank.”

Supporto di un maiale sopravvissuto dal terremoto del Grande Oriente del Giappone. Vorrei dire “Grazie molto”.

Hopefulpig 代表  高橋希望